仕事上での心の悩み 転職の悩み

人間嫌いの方が働きやすい最適な仕事とこれからの考え方

投稿日:

人間嫌いの方は人とのコミュニケーションをとることが苦手なので、仕事を選び間違えると苦労するだけでストレスがたまる一方であることは容易に予測できますよね?

 

営業職や販売を仕事に選べば必ず人と接することになるので話が苦手な人や相手の考えることが理解することが困難と感じることは生まれ持った資質によるので、慣れればよいというレベルではありません。

 

毎日会社に行くことも嫌になり仕事を続けることが苦痛になるので体調も悪くなり精神的にも追い込まれることになります。

 

ですので今回はそんな人間嫌いの方におすすめの職業を紹介したいと思います

スポンサーリンク




 

人間嫌いの方が苦手な仕事と得意な仕事

人間嫌い

コミュニケーションが苦手な人は団体行動も不得意と思われます。運動系では団体種目では仲間との意志疎通が重要ですし、個人種目でも監督やコーチの指導の下に行うことになっているので人間嫌いの人には向いていないです。

 

芸術系の仕事

 

芸術系の方は自分の実力だけが勝負なので、社会にでてもコミュニケーションが苦手でも十分こなせると思われます。たとえば音楽の世界で美術に才能があれば自分の技術さえ磨いていればあとはマネージャーや業界の人が取り持ってくれるので他人と接するのが苦手な人でも十分につとまります。

同様に小説家や漫画家も才能さえあればあとは編集者や会社が全面的にバックアップしてくれるので好きなだけ仕事にむかうことができます。自宅で仕事をして原稿を取りにきてくれたり、メールでやりとりするだけで最小限のつきあいだけで作業にとりくむことができます。

 

技術系の仕事

 

技術系の人も職種を選べば人間嫌いでも十分仕事をこなすことができます。

 

研究者の人はもともと孤独なタイプが多いので研究テーマに没頭していて人のことをかまっている余裕はありません。

 

論文を作成したり、添削を受けたり、学会に発表するときにコミュニケーションがいりますが、相手が嫌いでも中身を問われているので関係ありません。

逆に孤独で独創的なアイデアを要求されるので変わっているほうが有利なこともあります。

設計者も基本的に図面に向かっているだけですのでコミュニケーションが苦手でも問題はありませんが、審査する過程や生産する部門との話し合いもあるので多少影響があるかもしれませんが、機械的に実施すれば人間性には関係ないので考えすぎなくても大丈夫です。

 

生産・製造の仕事

生産部門の仕事は上流である設計と下流である製造部門と密になって仕事をする部門なので人間嫌いの人には向いていないかもしれません。

 

日々のトラブルを一緒になって検討することが多いのでコミュニケーションが苦手な人は業務が滞るので大変です。

 

特に納期に追われるとメンバーが徹夜してトラブルを解決するので人と接することが多く、ストレスになることは予測できます。

 

加工の仕事は職人気質なのである意味人間嫌いの集団ともいえるかもしれません。自分の仕事に誇りを持っていて、特に匠といわれる人は偏屈した人が多いといえます。

絶対の自信があるので他人の言うことに耳をかさないので周りの人は大変ですが、それだけ認められているのでコミュニケーションによるストレスは感じないと思います。

例えばその人しか高精度で磨けない技術を保有していればたとえ人間嫌いでも他の人にはマネできないので一目置かざるをえません。

 

 

自然や動物相手の仕事

 

自然や動物相手の仕事も人間嫌いの方には良いとおもいます。

 

樹木医という職業がありますが樹木相手に仕事をしているので直接人と会話することはありません。老木や病気の木々にたいして語りかけているので人をきにすることはありません

 

ネット関係の仕事

最近はインターネット関連の仕事も多くなっていて直接人と接していなくてもメールやwebで仕事を依頼したり受注できる環境が整っているので、コミュニケーションが苦手な人には向いているとおもいます。

 

ゲーム作成やソフト製作などの職種もありますが、チームワークを求められたり分業制になっていると打ち合わせや会議があることも多いのでコミュニケーションが苦手な人は注意した方がよいです。

 

人間嫌いという特性は誰しも少なからず持っていますが、人相手の職種には向き不向きがあることは確かです。そのためには自分を変えようとか溶け込もうとすることはストレスを招くだけでおすすめできません。

 

 

機械や動物、自然、芸術など直接人と接することが少なく、いくらでも避けることができる職種を選んだ方が良いと思います。最近はネットも発達して新しい仕事も増えてきているので、無理して今の職種にこだわる必要はないとおもいます。
 

今からでも遅くない。今が辛いなら転職も考えるべき

転職も考える

今の時代いくらでも転職することは可能になっているので、新たな可能性を求めてみることも考えてみても良いと思います。

 

 

ストレスでうつ病になっている人がいることはどこの会社、どこの職場でも起きています。増え続けていることは事実です。

 

ほとんどが人間関係が原因ですが、人間嫌いの要素が含まれていることも否定できません。自分の身を守るためには苦手な環境から逃げてしまうことも大事だと思っています。悩んでいるのはあなただけではないので安心してください。

 

人間には得意なこと苦手なことが必ずあります。

 

苦手なことを克服するよりも得意なことを伸ばすほうが人間嫌いの方にとってはプラスに働くことが多いのではないのでしょうか?人間嫌いも個性です。

 

その個性で苦労することは多いと思います。ですが、その個性を持っているからこそあなたにしかできないことがあるはずです。

 

悩まずにプラスに考えるようにしてください。無理に自分に劣等感を感じて直す必要はまったくありません

 

あなたに向いている仕事は必ずあります。むしろあなただから勤まる仕事が必ずあります。探すか探さないかはあなた次第です。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み, 転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.