仕事上での心の悩み

細かい上司にストレスがたまらないようにする確実な方法

投稿日:

細かい上司が職場に一人でもいると、コチラも気疲れしてしまいますし、職場の雰囲気も悪くなってしまうときがあります。

果たしてそんな上司からのストレスから逃れることは出来るのでしょうか?

今回は実際に細かい上司に運悪く当たってしまった方の体験談を紹介しながらストレスがたまらない方法を紹介したいと思います。

 

以下体験談

スポンサーリンク




 

細かい上司はどこにでもいる

細かい上司

会社にはいろんな人がいますよね?嫌いな人の1人や2人、どこに行ってもいる可能性はあります。

 

ですがそこは学校ではありません。仕事をする場所だから、好き嫌いなど関係なく何とか上手くやるしかない。

 

上記に述べた事はあくまでも理想の形であって、そこまで割り切れないことだってたくさんありますよね?

 

私が今まで遭遇した嫌われている上司というものは「細かい」人が多かったです。

 

細かい人というのはその分口うるさいものです。それに対して嫌がる人は多くいました。しかし私は特に嫌だと思ったことはありません。

 

「うるさい」とは思いますが「嫌」だとは思わないのです。

 

私が細かい上司を嫌だと思わないワケ

 

そこで口うるさい細かい上司に苛々してしまうあなたは、その細かい内容について意識したことはありますか?

 

そんな細かいところまでどうでもいいじゃないかと思ったことはありませんか?実はその細かい部分、見ている人は見ているのです。

 

以前私はコーヒーカップの持ち手を全て揃えるように上司に言われたことがありました。

 

これは社内用のカップです。外部のお客様が見ることはありません。

 

またサービス業でもなければ接客業でもない事務職で、です。私はこの時、細かい人だとは思いましたが気に留めずに言われた通りに直しました。

 

それから請求書を入れる箱の並び順です。

 

想像しやすいように言い換えると、例えば漫画の本を並べる時に一巻から順番に並べることと同じです。

 

請求書を順番に並べることに対しては「うるさい」と思うのに漫画の本を並べることには違和感を感じない。

 

そこに疑問を感じました。実は上司のしていることはただ単に細かいことじゃないんです。

 

それに気がついたのは別の会社に転職した時のことです。そこで私は

 

あなたはきちっとしてますね

 

と言われたのです。どちらかと言えばもともと几帳面な方ではありますが、人に言われる程目立つところがあっただろうかと思いました。

 

それは私が細かい上司に嫌気をささずに言われた通りに従っていたことで身にしみ付き、言われなくても揃えたり細かいところまで気が付くようになっていたということです。

 

細かいことは何も悪いことだけではなかった

細かいこと

このおかげで転職先でも細かい上司や、他人の動きを見たり、仕事をミスなく丁寧にやる人からは評価を高くもらうことができたのです。

 

それだけ細かくできるという人は中々いないらしく、大雑把にする仕事は二度手間を取ってしまうということもわかりました。

 

おそらく細かい上司はそれがわかっているから後輩である私にも、全てのことに気を配るように指示をしていたのでしょう

 

コーヒーカップなんてとても些細なことですが、ちょっとした事に気が付くことは仕事にも繋がるということです

 

そのときはうるさいと感じていることでも、これが当たり前のように出来るようになると周りの人はそれを見逃さないということがわかりました。

 

そこまで細かくて何の得があるんだと思っている人、口うるさくて鬱陶しいと思っている人、一度前向きな気持ちで素直に従ってみることをおすすめします。

 

そしてこの細かさをクリアした時には職場の人達からの信頼が寄せられ、それが新たな仕事に繋がっていくことになるのです。

 

あの人はきっちりしているから任せても大丈夫、ということです。

 

最後に注意したいのは、例え自分が細かいところまで気がつくようになっても、嫌われている上司のように他人に細かさを押し付けてはいけません

 

ここまで出来れば「仕事はきっちりやるけど、人に自分のやり方を押し付けない人」という印象を残せます。もし他人の大雑把な点が目についたらさりげなく別の機会に自分のやり方をしておけばそれを真似する人が出てきます。

 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

 

管理人の感想

上司もただ単に気に入らないからと細かく言っているわけではないということが伝わってきました。今はうるさく感じていても将来、必ず自分の役に立つときが来ると考えるとしっかり聞く姿勢を持つべきだと感じました。

 

 

細かいことだろうけれどもそれをしっかり実践することによって今いる会社だけでなく、私生活においても仮に別の会社に働き始めることになっても通用する人間になれる。今は我慢する価値は十分あるのではないでしょうか?

 

 

今現在、上司がうるさい、くどいと感じている人は今回の記事をみてムカつく気持ちはそのままでも構わないので、上司の言ったことを言われなくなるようにまでやってみるのもいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク




あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.