目標を決めて仕事をこなす大切さ まずは短期的な目標を持つことから始めよう

仕事の疑問

あなたは仕事に対して何かしらの目標を決めて働いていますか?

目標を決めて働くのとそうでないのとでは何年後かに大きな差になります。その差は取り返そうと思ってもそう簡単に取り返せるものではなく、その差に気付いた時にはもう追いつこう追い越そうなどという意欲はなくなっているものです。

いくら小さな目標だったとしてもその小さな積み重ねは必ずあなたを成長させることでしょう。

今回はそんな仕事の目標について考えていきたいと思います

スポンサーリンク



仕事は不安になるときがが多いが目標を立てていれば回避できる

不安

自分自身が仕事をしていて、いまやっていることが実際に数年後、数十年後、何のプラスにつながっているのであろうか?と漠然と気になってしまうことがあると思います。

これは特に入社して、2年から3年たって、仕事を覚えだしたとき、そして10年目くらいである程度社会人として成熟しだしたときあたりにだれしもが抱く疑問や悩みといえるかもしれません。

こうしたタイミングで仕事を挫折して大きな次のステップとして転職を志す場合、そしてそのまま同じ仕事につきながらもモチベーションが下がる場合に分かれていくわけです。

さらに悪いパターンは働くことに意義を見出すことが出来なくなり、無職となる場合も出てくるかもしれません。

こうして負の感情にのまれないためにもしっかりと目標を決めることが大事になってくるのです。

例えば

  • ~年後には資格を取得して独立に向けて動き出す
  • 仕事の楽しみ方を模索する
  • ~までに~ができるようになるようにする

などといった目標をたて、それを達成することができたのならばそれはあなたにとっての自信につながりますしかけがえのない財産となります。

仕事で自分に自信が持てるということは上記のように負の感情にのまれないということにもつながります。

 

 

 

関連記事→やりたい仕事がないと思ったときに考えておいて損はないこと

 

そんな目標を持つために必要な思考

仕事は生活のお金を稼ぐだけではなく、自己実現の手段ともいえます。

仕事を続けることに疑問を感じたら、自分自身が今後、どうありたいか、どんな姿を目指すのかをしっかり考えましょう。

その結果、今の仕事がそこに結びつかない場合は転職を行うことも決して間違いではないと思います。

大切なのは視野を広くすることです。視野を広げることができれば自分が何をすればいいのか?どう行動していけばいいのかが明確になりますので目標もおのずと見えてきます。

だからといって大きな目標を持ちすぎても理想と現実のギャップに体と心がついていかなくなる可能性もあるので最初は本当に小さな目標からもつように意識付けをしましょう。

例えば

  • 今日は一度もミスをしないようにする
  • 今日までに○○を終わらせる
  • 明日は定時で帰れるように明日の分もやっておこう

などのように短期的な目標でも構いません。そんなの日頃から考えてるよと言われてしまいそうですが、ただ単にそう思って作業しているのと目標にして作業しているのでは大きく変わってくるものがあります。

それはないかというと目標という明確なものがあることによって達成した時の満足感が違ってくるのです。その満足感は初めに言った通りあなたの自信につながりますし、仕事を楽しめるようになります。

だからこそ、普通に働いていてクリアできる目標よりもすこし頑張らないと達成できないような短期的な目標を見つけてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

目標を持つことによって常に前進ができる

前進

 

しっかり自分自身の目標を見える化しておき、そこに向かって進むことが出来れば常に前進する姿勢を保つことができるでしょう。

一日の目標、一ヶ月後の目標、一年後の目標というように目標を区切り区切りにすることで仕事に対しても考え方がより明確になってくるはずです。

 

目標をしっかり立てて仕事に打ち込んでいると目標を立てて仕事を行うことが当たり前になります。

そうなるとどうなるでしょうか?

成長し続ける人間になることができるのです。常に成長し続ける人間というのはとても輝いて見えますし、何よりかっこいいです。

現状維持は様々なことが変わり、進化していく今の世の中、後退しているのと変わりません。

しかし目標を明確にしていつもと同じように働くだけでも日々成長していくことができるのです。それはあなたの昇進や昇給、転職に成功することなどなど、ポジティブなことに必ずつながるはずです。

同じ内容の仕事をしていたとしても目標を持って取り組んでいる人と目標を掲げずにただただ仕事をこなしている人とでは短期的に見れば違いは判りませんが、1年.2年と年月を追うごとにはっきりした違いとして表れることでしょう。

こうしたルーティンをしっかりビジネスマンとして自分の中で繰り返すことが出来るようであれば、例えば仕事に対して疑問が生じるタイミングがあっても、よい方向に判断をすることができるようになるはずです。

 

いかがでしたでしょうか?仕事に対して目標を持つことがいかに大事なことなのか?理解していただければ幸いです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ