給料が安いから結婚できないなんて考える必要はない3つの理由

仕事上での心の悩み

近年、結婚をしたくてもすることができないと、思っている人が多くなっています。その大きな理由の一つに給料が安いからと言いうことがあると思います。

どうしても自分一人で暮らしているだけで精いっぱいなのに家族を養えるわけないと考えてしまうものですし、そんな自分には魅力なんてないからまずもって結婚する資格などないのかもしれないと思ってしまいがちです。

ですがいくら給料が安いからとってそれが結婚できないことに直結するのか?と聞かれれば私はNOと答えます。

今回はそんな給料が安いからといって結婚できないわけではないと私が思う理由をこれから話していきたいと思います。

スポンサーリンク



・結婚とは二人で築き上げていくものと思うこと

結婚をしようと思っている時、男性としては、女性を養うという気持ちを強くもつことが多いものですよね。そのため、結婚に踏み切ることができないと思っていませんか?

それは大きな勘違いなのです。

結婚というのは、経済的な安定よりも、精神的な安定を求めるためにするということが大事なのです。

そのため、結婚をすることによって、仕事を頑張ることができると思ったら、結婚をすればいいのです。女性としても、結婚をすることイコール養ってもらえると思っている人は現代では少ないのです。

結婚とは、二人で築き上げて行くものです。

そのことから、給料が少ないと思って心配をする場合は、二人で話しあって、どのようにすればいいのか考えればいいのです。

 

関連記事→給料が安い・・・原因と今後 対応策を考えてみた

・共働きが当たり前の時代

今の時代は、共働きをすることが当たり前となっています。私の子供が通う幼稚園でもほとんどの方が共働きです。そしてほとんどが生活がカツカツだよー。なんて愚痴を言い合っているものです。

生活にかかるお金は大体ですが月に20万もあれば十分に足ります。実家暮らしとなればもっと安くすむでしょう。月に20と考えれば一人当たり月に10万稼げば十分に生活を送ることができます。

かといってカツカツか?というとそこまでではなく月に1.2回くらいは外食もできます。給料が安いということで結婚に対してのハードルを高く考えすぎなのです。

結婚はお互いがお互いを支え合って成り立つのです。足らない部分は互いで補い合い、一緒に考えることで打開策見つけていくのです。

お金だけで結婚するわけではなく、そこに至るには相手を思いやる愛情があるはずです。この人のためなら自分は頑張れる。そういった気持ちが給料が低いことから抜け出す原動力になるのではないでしょうか?

関連記事→フルタイムで帰りが遅い夫と既婚女性の仕事と家事の両立のコツ

 

・結婚が早いと子育てが楽

結婚をして子供を作りたいと思っている人は、給料が安かろうと関係なく早めに結婚をすることをおすすめします。

若くして子供を授かるメリットとして自分が40代の給料も安定してきてこれからもっともっと楽しいことが待っています。

そんな時期に子供が成人を迎える。ということは若くして自分の時間を謳歌できると言えます。やはり40代というこれからという時に自分の時間がというのは嬉しいものですよね。

  • 大型のバイクを買ってあてもなくツーリングに行ったり
  • 自分の趣味に没頭したり
  • 週末は夫婦で旅行に出かけたり
  • 新たな目標を立てそれにむかって努力したり

などなど、周りが子育てに大変な時期にゆったりと自分の気持ちの赴くままに行動をとることができます。

子供というのは0歳から4歳くらいまでが一番手間がかかります。目を離すわけにもいきませんし、その中で外食、旅行などは行けますが結構大変です。

私の場合は外食に行ったときはどちらかが子供にご飯を食べさせて、片方が急いでご飯を食べて食べ終わったら交換していました。あまり食べた気はしませんでしたね…

それに給料が安いという問題も絡んでくるということになるとその大変さは想像を絶することになるかと思います。ですが苦労をした分だけその後がとても楽になるということも事実です。

ですが子供が小学生くらいになってくると、ある程度のことは自分でできるようになるのでその後はほんとに何をするのも楽になります。

そう考えると結婚をすることにためらっている人は、子供を育てることを視野に入れると、早めにすることもありと思えますね。

お給料が少ないから、結婚に踏み切れないということは、とてもしっかりとした、責任感の強い人の考えです。

しかし、その責任感のことが前面に出てしまって、足踏みをしていませんか?そう考えていたらいつまでたっても結婚に踏み切ることができません。

結婚をすることによって、住居費が安くなる、精神的な安定が図れる、子育てを体力のあるうちにすることができる、そのように気持ちを切り替えて見ると、結婚もいいなと思えますよ。

スポンサーリンク




ページの先頭へ