仕事の悩みを解消するための基本的な方法

仕事上での心の悩み

仕事をしていると多かれ少なかれ悩みを抱えている人がのほとんどです。

むしろ、悩みを持っていない人の方がいないくらいです。

 

しかし、仕事の悩みは実に多岐に渡っています。

 

残業時間が多くて、朝早く出勤して、帰りも遅くになってしまい、体の疲れは取れず、しかも給料は安い。

 

また、上司細かく常に上しか見ない人間なので、現場担当者の我々からすると信頼することはおろか、職場で顔を合わせることも苦痛。

 

営業のノルマが厳しく会社に戻ることさえ嫌。

 

 

このような悩みを挙げたらキリがないほどに悩みが存在します。

 

この悩みはおかれた立場でも変わってきますし、個人の性格や考え方、受け止め方でも異なるものです。

 

これらの悩みは自分だけでなく先輩諸氏も通ってきたことです。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法
スポンサーリンク



悩んでいるときは人に頼る

悩みを解消する手段も色々とありますが、一番オーソドックなことは、気のおける仲間、同僚、友人に聞いてもらうことです。

 

人に自分の悩みや愚痴を聞いてもらうことは、精神的なストレスを軽くすることができるからです。

 

先ずは、一人で悩むだけでなく共感してくれる人がいるだけでも、大きく変わってきます。

 

これで、自分の気持ちが明るくなるだけでなく、もしかすると自分の目で気づかないアドバイスももらえたり、新しい視点を発見できることもあります。

 

 

また、昔、お世話になった心の許せる上司や先輩に悩みを打ち明けるというのも一つです。

 

不思議なもので、仕事の悩みの大半は人間関係の悪化や相性の悪さが影響を及ぼしていることが多いと思われます。

 

この関係が良くなると、たとえ仕事の業績が悪かったり無理強いをする取引先が悩みの原因であっても、精神的には折れることが少なくなってくるはずです。

 

 

それだけ、人間関係から来る仕事の悩みは、大きいと言えるでしょう。

 

仕事の悩みを解決するためには、悩みの原因となる元を明確にすること、そして、その解決策を打つためにどのような方法があるのか?

 

人の協力が必要なのか、それとも時間が経てば自然と解決しするのか?

 

もしかしたら、それなりの費用が必要なのか?

 

という思考パターンは、ある程度の経験を積んでいる方々は分かっておられるはずです。

 

 

要はこれらの悩みを片付けるための精神的なゆとりがあるかどうかでしょう。

極端に言うと「仕事の悩みで命を取られることはない。」と開き直り的な心構えで臨むと活路が見えてくるものです。

 

そこには自分の決断と人の支援があれば、なんとか乗りきれることが多いと思うのです。

仕事の悩みを克服すればするほど、タフな人になってきます。

よって、これは自分を鍛える上り坂だと思うくらいで臨んで欲しいのです。

 

関連記事→仕事での失敗が怖い?そんなあなたに送る3つのアドバイス

 

断る勇気を持つこと

 

次に大事なことは断る勇気を持つことです。悩みは抱えることもできますが回避することもできます。

 

そのためには自分の意思をしっかり持つことです。

 

悩むということはあなたを成長させるきっかけにもなりますし、あなたを追い込む凶器にもなりえます。

 

もし仮にあなたが悩んでいるものとしてその悩みが

自分を成長させるものなのか?

 

自分を追い込むものなのか?

 

その判断を間違わないでください。

 

もしその悩みの内容が自分を追い込むようなものならば断って回避できるものならば絶対に断ってください。

 

成長できるわけでもなくただただ嫌な思いをすることは時間の無駄です。

 

そうして悩みを減らし、心に余裕を持つことでこれから悩むであろうことからも冷静に対処出来るでしょう。

スポンサーリンク




ページの先頭へ