パートでのいじめの体験談から学ぶ役に立つ対処法

体験談

パートでのいじめ。どの職場でもそうですが嫌がらせや悪口を行うのが生きがいというかわいそうな方も少なからずいるものです。そんなパートのいじめですがどうすればうまく立ち回りぬけだすことができるのでしょうか?

今回はパートの環境に悩みながらもポジティブに考えてうまく立ち回っているを主婦のかたの体験談を聞かせていただいたので、現在パートのいじめで悩みを抱えている人に少しでも参考になるように紹介していきたいと思います。

以下体験談
スポンサーリンク



パートは古株の扱いがものすごく大変

パート

いままでアルバイト、正社員、パートでいろいろな職種、職場を経験しました。

現在はパートをしていますが、正直仕事の内容はただただ忙しいだけで毎日目の前の業務をこなすことで精一杯。

スキルアップや将来何かの役にたつということは残念ながらひとつもなく、別にわたしじゃないとできないというワケでもなく代わりは誰でもいくらでもいます。

マニュアルが厳しく決まっているのでじぶんなりの工夫や試みが生かせるということもなくやりがいは感じませんし、給料もよくありません。

ただ資格も特技もない子持ちの専業主婦を雇ってくれる、家の近くで通勤が便利ということだけでやっているようなものです。

やりがいもなく給料も決してよくないうえに、いじめとまではいかなくても古株の先輩達が面倒な仕事を押し付けてきたりなど

曜日によってやらなくてはいけない仕事(手間のかかる掃除や事務処理)があるのですがじぶんたちがやりたくないので無理矢理的にシフトに入れてきたり、その古株のボス的存在に、わたしの息子と同じ小学校に通っている孫がいるので学校の行事予定を把握され、わたしの出勤予定に合わせて面倒な雑務を入れてきたりするので、正直ストレスがかなりたまります。

面と向かって抗議したい、いっそ辞めてしまいたいと思うこともしょっちゅうですが嫌なかたちで辞めると息子の小学校関係であることないこと吹聴され、息子になにか悪影響があるといけないのでグッと我慢して堪えていないふり、気にしていないふり、聞こえていないふりをして淡々と仕事をこなしています。

わたしがパートとして入社したときに業務の多忙さの割にはパート人員が少なく、面接をした人事担当者はやけに腰が低く、ていねいというよりは気弱で頼りにならない感じで、その古株たちは妙にベタベタしており、まるで女子中・高生のようなはしゃぎっぷり、つるみっぷりに違和感があったものですが、あとから分かったのは気に入らない人や仕事の覚えが良くない人をいじめてかたっぱしから辞めさせているということでした。

どんどんかわいそうに思えてきて相手にするのが馬鹿臭くなった

それを聞いたときは頭にきましたが、ある程度仕事を覚え理不尽な嫌がらせにも慣れてくると(いい年をしてかわいそうだな、よほど私生活で嫌なことでもあるのかな)とかわいそうにすら思えてきて、相手にするのもバカバカしくなってきました。

もし若い頃だったり、こどもがいなければ啖呵をきって辞めていたと思いますが、しがらみがあって辞められないというのは短気で根気のないわたしにはいい修行になっています

ふつう、セミナーやカウンセリングに行かないと性格は変えられないので、お金をもらって修行もできていると思うとむしろ感謝です。

関連記事→職場の人間関係に悩みを抱えた時の対処法

考えたかたで人は変われる

基調は体験談を聞かせていただきましたがあなたはどう感じたでしょか?

この方はいじめの主犯格の方をかわいそうな人なんだなと思うことでうまくパートでのいじめから立ち回っていますね。嫌がらせや悪口陰口を言うということは少なからず現状に満足しておらずそのうっぷんを誰かに八つ当たりしたいという感情が強い方だと思います。

だからこそ、嫌な表情や落ち込んでしまっている場面を見ると満足するのです。何をされても動じない、かわいそうな人だなと少し見下したような態度をとっていればきっと自分が嫌がらせをするたびに自分がみじめに見えて仕方なくなるでしょう。

ですが、それができるくらい心が強い人がみんなではありません。もしもどうしようもなく悩んでいるのなら違うパートを探すことを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

嫌なことを我慢し続けるよりも自分が楽しいと思えることを探す努力をした方がきっとあなたにとっていい方向に向かうはずです。

 

 

スポンサーリンク




ページの先頭へ