体験談

30代の働くことへの不満や悩みを解決するために必要なこと

投稿日:

この記事はとあるかたの体験談です

当方、30代後半の男性です。

私が昔、学校を卒業してこれから社会人になろうとしていた頃、まだ先の見えていた時代だったと思いますし、大手に勤めれば定年まで勤めることができるような雰囲気や社会情勢だったと思います。時期にして90年代後半の事です。

私は技術職の大学を卒業したものの、大手に就職することは出来ませんでした。

 

 

ですがまだ、今の時代と比べると社会人になった当時は中小企業でもそこまで不安や不満はありませんでしたし、今の時代と比較すれば給与面でも良かったと思えます。

90年代後半は、まだ仕事をした分だけ、あるいは残業をした分だけ給与に反映されるということが珍しくなかった時代だと思います。

勤めている会社や、社会にまだ余裕があったのかも知れません。

 

 

当時は出世したい気持ちも今よりもっとありましたし、出世すれば収入も上がっていきやすい時代だったと思うのです。

ところが、そのような考えも年々変わるようになりました。

やればやった分だけ給与に反映されることがなくなり、残業代も福利厚生も以前より厳しくなってしまいました。

 

 

私自身もそうですし、おそらく多くの労働者は、仕事をした分だけ労働に見合った対価をもらいたいと思うのではないかと思います。

 

出世したいという気持ちも、やはり収入アップがあるからこそ考えることなのだと思っています。

 

関連記事→仕事が出来なくて辛いという方に伝えたいこと 理想を追うな!

 

今の時代は割に合わないことが多い

スポンサーリンク




ところが今の時代、出世したからといって単純に収入が上がるかと言ったらそうではないと思います。

 

会社によっては多少の収入アップは見込めるのかもしれませんが、私の場合はそれ以上に割に合わない責任を負う事になります。

ですので、社会人になった頃より出世したいという気持ちもかなり無くなってしまいました。

 

これで良いのかと思いながら日々の仕事と向き合っていることが、最近の大きな悩みとなっています。

 

 

そして仕事自体のストレスも当然あります。何より私の場合は、年々仕事内容や責任と対価の給与が割に合わないと思うことが一番の不満ではありますが。

 

友人知人の仕事の話を聞いてみましても、やはり不満や悩みのない人はいません。

 

例えば人間関係であったり、過度の労働で疲れきってしまったりという悩みや、私のように貰っている給与が割に合わなくてやってられないなどといった不満や悩みです。

 

 

今の時代、個人的にはすっかり先の見えない時代になってしまったと思います。

 

私自身も数年先は仕事があるのかわかりませんし、いつそうなってしまっても対応できるように対策を考えておかなくては、と思っています。

 

 

今の時代の働き方は、昔とは違うということを忘れずに、仮に失業するようなことがあっても他職種・他業種でも求められるような人材になれるように、知識や資格を増やしていかなければならないと思っています。

 

関連記事→仕事は自分のペースで目標を定めて実行あるのみ

 

まとめ(管理人コメント)

貴重な体験談でしたね。

 

 

「給料を変えました!終身雇用もどうなるか正直難しいです!でも、今までとおんなじように働いてね!」

 

 

正直企業のわがままですよね。何十年も働いていてある程度の地位にいる人以外はこのしわよせはかなり大きいものだと思います。将来を担う若者たちに夢を見せてあげれない。というのは大人にとって恥ずかしいことだと感じます。

 

 

体験談を語ってくれた方も言っていましたが、これからはいかに周りと差をつけていくかがこれからの将来に大きく関わってくるはずです。大事なのはもしもの事態にいつでも対応できる人間になること。

 

資格を持っていたり、自分の力でお金を生み出す力を得ることができるように今からでも対策を練ることです。

副業について調べてみたり、資格の種類を調べてみるとほんとに色々な資格があります。その中で自分にできそうな、自分に向いていそうなものをしっかりメモするというだけでもこれからのモチベーションに繋がるはずです。

そしてまず優先して行わなくてはならないことはお金を貯めることだと私は思います。

 

お金の余裕は心の余裕と直結します。お金の余裕がない人は次へのステップを踏むことが億劫になります。

資格を取るのにもお金は必要ですし、もしも退職した時に必要なのもお金です。

 

 

貯金がなく退職してしまうということは次の仕事を見つけるまでの余裕がないということです。そうなるとどうなるか、わかりますよね?

 

 

大手だから、クビになった人は今までいないからなど油断はしないでください。人生は何が起こるかわかりません。楽しいことも辛いことも。だからこそ人生は楽しいと言えるものなのですが、これから起こりうる辛いことや悲しいことを回避できる備え、可能性を上げることはより良い人生につながるのではないかと思います

スポンサーリンク




仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-体験談

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.