職場の人間関係に悩みを抱えた時の対処法

仕事上での心の悩み

仕事の悩みの中でも大変多い悩みが、「職場の人間関係」です。

 

仕事そのものに不満や悩みはなくても、職場の人間関係に大きな問題があって、それで仕事を辞めてしまうというケースも少なくありません。

 

そんなことにならないために、職場の人間関係に悩みを抱えた場合の対処法、おすすめの意識の持ち方についてお話しします。

 

まずわかってもらいたいことがあるのですが、職場の人間関係というのは、永遠に不変なものではありません。

 

上司が変わることもありますし、毎年のように異動があったり、そうでなくても、「嫌いな同僚」がいなくなることは十分にあり得るのです
スポンサーリンク



 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

 

 

人間関係はいつでも変わるものと考える

仕事のマンネリ化の解決法

多くの人は、職場の人間関係に「閉塞感」を感じてしまうものですが、実は「明日、状況が変わるかもしれない」のが、職場の人間関係というものなのです。
その認識を持つだけでも、気持ちが軽やかになるのではないでしょうか?「今日の上司・同僚は、明日の他人」、これが、辛い気持ちを軽くするおまじないの言葉です。

関連記事→仕事に限界が来てしまった場合の3つのケース別対処法

無理に好かれようとする必要は全くない

次に、「相手から好かれようとしない。自分から好きになる努力をする」という意識を持つことをおすすめします。耳にしたことがあるかもしれませんが、「相手を変えることはできない。自分が変わることはむずかしくない」ということがあります。

 

人間関係に問題がある場合、その相手の心を変えたり、人間性を変えることは不可能と言っていいでしょう。けれど、その相手に対する接し方や、自分の気持ちを変えることはじゅうぶん可能です。

 

「あの人はああいう人なんだから仕方ない。それを受け入れるだけの大きな心を、自分が持つようにしよう」

 

と考えるだけで、その人との人間関係は変わってくるものです。その人は同じ言動をしたとしても、こちらの受け止め方がポジティブになるわけですね。

 

ものの見方、考え方を少し変えるだけでもあなたが思っている以上に受け止め方が変わります。
もう1つは、「人間関係を無視する」という方法です。少々過激なように感じられるかもしれません。

 

仕事は人間関係の上に成り立っていますから、関係を完全に無視することは不可能です。

 

そんなことをすれば、あなたの仕事自体、立ち行かなくなってしまうにちがいありません。

 

ですから、職場の人間関係で、最低限のコミュニケーションを図る必要は当然あります。しかし、最低限のレベルのコミュニケーションでも関係は成り立つわけです。

 

そのコミュニケーションは遂行した上で、「とにかく仕事のスキルをアップする」という意識を強く持つようにしましょう。スキルアップして「できる人材」になれれば、人間関係の良し悪しは問題にならなくなります。

 

 

社内異動で、自分にとってより活躍できるステージが用意されるかもしれませんし、キャリアアップして、人間関係を劇的に変えることも可能でしょう。

 

ですがもし上司の立場になってある程度の人間関係がうまくいくようになってきた際に注意してもらいたい事があるのですが、自分がされてきて嫌なことや嫌な思いをした会社のしきたり?暗黙の了解のようなもの。を自分の後輩や部下には絶対にしないでください。人間同じことを繰り返すほど馬鹿なことはないです。

 

「仕事ができる人」は、人間関係に悩まないものです。それは、どんな会社や組織でも「仕事のできる人」に快適な状況を提供してくれるからなのです。

以上のことを踏まえて人間関係の悩みについてしっかり自分と向き合って考えてみることをしてみてはいかがでしょうか?

関連記事→仕事が出来なくて辛いという方に伝えたいこと 理想を追うな!

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ