口うるさい上司対策はコレ!「仕事してます」アピールを優先せよ!

上司に引っ張ってもらう
仕事の疑問

この業界での仕事にも遣り甲斐を感じているし、サラリーや福利厚生にもそこそこ満足している。

そんな人でも悩ましいのが口うるさい上司です。

特に上司は選べませんから、ソリの合わない人の下につくと日々苦労をさせられることでしょう。

 

ですが、現在は上司と相性が悪いという理由で転職を考えるなんて非現実的なご時世です。いまよりも良い待遇の会社へ入るのは至難の業。

 

しかも配属された先の上司や同僚が善い人だという保証はどこにもないのです。そんなリスクは冒せません。
ならば、いまの環境で何とかするしかないと腹を括りましょう。

 

仮に今の会社を退職したとしても、自分で事業を起こさない限りは嫌な上司と付き合わなくて済む方法を見つけるのは難しいものです。

ですので今回はそんな口うるさい上司に対しての対処法を紹介したいと思います

スポンサーリンク




 

上司の理不尽に対抗するには

 

さて、いくらソリの合わない上司でも、あなたが実直に職務に励んでいればそうそう理不尽なことは言えないはず。

 

その場合、多くの人が「早く結果を出せば大丈夫だろう」と安易に考えてしまいます。

 

ところが、結果を出すべく努めているあなたの邪魔をするが如く口うるさい上司は存在するものです。

 

では、一体彼らは何故にあなたの邪魔をするのでしょうか?

 

それは、自分の能力不足ゆえに、どのようなペースで作業が進むのかまったくイメージが掴めない上司だからです。

 

経験値不足のままに実力以上のポジションを得てしまった人は、体よく仕事を押し付ける術に長けています。

 

ただし、仕事内容の進捗についてのおおよそのイメージが掴めず、結局は「出来たのか?」「まだ終わらないのか?」と催促するしかないのです。

 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

仕事してますアピールで戦う

OZP68_honmaniomoshiroi500-thumb-1000xauto-3410

 

そんなハズレ上司の部下となった不運に見舞われてしまった人は、「仕事してます」アピールを優先的に行うようにしてください。

 

このアピールとは、やっていることがひと目で解ることが大事。

 

その方法としては、上司に頼まれたことをメモを机の目立つところに張っておくのがひとつ。

 

「頼んだことを忘れていないか」という鬱陶しい質問をかわすことがができます。

 

また、聞かれる前に「○○の箇所まで終えましたが、確認をお願いできますか?」と先んじて聞くのも手です。

 

これを何度となく繰り返していると、さすがに「わかったから先に進めてくれ」という気分に。

 

更には、別の作業依頼が入っても「○○部長に頼まれた仕事があるから無理だな」と大きな声で断るのも効果的です。

 

このような上司は人に仕事を押し付けているにも拘らず、まるで自分がやり終えたのですと言い切る図々しさを持ち合わせています。

 

それを全否定するのですから、上司もたまりません。

 

そのうちに上司のほうからあなたに近づかなくなるでしょう。

 

会社で働くということは、実力だけでは如何ともし難しいことが想像以上に多いもの。

 

これに立ち向かうには、生真面目だけでは乗り切れないのです。

 

ほんの少しの逞しさと図太さを是非とも身につけましょう。

 

いつかはあなたが上司となる日がやってくるのですから。

 

そして自分が上司となったときに自分の上司のようなことは絶対にしないでください。

いかがでしたでしょうか?仕事してますアピールは普通でしたらあまりよく思われないようなことなのですが、それをうまく利用することによって口うるさい上司の対策になりえるのです。是非参考にしてみてください

スポンサーリンク



ページの先頭へ